保育士の職場復帰はパート・派遣社員がおすすめです!

妊娠・出産を機に

保育士の仕事から遠ざかって

いたけれど…

子育てもそろそろ落ち着いてきたし

もう一度保育士に復帰したいなぁ(*^^*)

実は以前、

保育士以外の仕事も経験して

みたんだけれど…

保育士ほどのやりがいや楽しさを

感じられなかった!!

でも、

何年かブランクができちゃったし

また保育士に復帰できるのかなんて

ちょっと心配。。。

保育士さんの離職・復職事情とは??

保育士さんの離職理由No1は妊娠・出産!?

実は、保育士さんの離職理由で

いちばんの多いのが…

妊娠・出産を機に退職する場合です。

保育士さんが妊娠・出産を機に

退職する具体的な理由としては…

・自分で子育てがしたかった。

・妊娠中・産後の体調が悪かった。

・家事や育児と仕事の両立が

 難しかった。

・しがみ付くほどお給料や待遇が良い

 保育園ではなかった。

・産休・育休の取得や出産後の復帰を

 嫌がられた・断られた。

などが主な理由なようです。

共働き世帯をサポートするはずの

保育園が、そこで働く保育士を

妊娠出産を理由に退職を迫るのって

ちょっとびっくりですよね!?

さらに妊娠中・出産後の女性の体調が

万全ではない事や…

家事・育児と仕事の両立が

大変なことも保育園ならきちんと

理解があってしかるべきです。

それなのに、

つわりや切迫早産など妊娠中の

体調不良でも休めない雰囲気で、

出産後子どもを抱えながらの

勤務なんて考えられない。

育休期間について聞いたら、

産後54日の産休明けの復帰以外復職は

認められないと言われた。

妊娠・出産を機に離職した

保育士さんからはこういった

信じられないような話を聞きます。

さらに加えて言えば、

そんな苦労をしながら続けるほど

保育園の給与や待遇が良くなかった…

という場合も多いんですよね?

⇒意外と多い!?復帰が怖い保育士さん!?

退職後に復帰すらできない保育士??

そうはいっても、

保育の資格を取得して

ずっと保育士として働いて

きたから…

保育士以外の職業を

今から覚えたりするのは

すごく不安。。。

それに、

保育士ほど魅力ややりがいがある

職業なんて他には存在しないって

感じている自分もいる。。。

そんな風に感じる保育士さんは

多いんですよね?

実際に、

子どもと深い信頼関係でつながり

笑顔に囲まれて働ける職業なんて

保育士以外にありません。

同じ年齢の子どもでも、

教師と生徒という関係で結ばれる

幼稚園教諭ともまた違った魅力

なんですよね!

他の職業に転職したり

家庭に入って保育士を離職した方も

結局、保育士に復職する方が

多いんだそうです。

そして、そういった保育士さんが

復職する際におすすめなのが…

いきなりの正社員復帰ではなく

派遣やパート職員からのスタートです!!

というのも、

保育園ってその運営母体や園長の

カラーでそれぞれかなり違います。

人当たりの柔らかい園長に好感を

持って就職したら、それは外面だけで

内部の職員にはかなり厳しかった…

なんて事は、

実際に働いてみないと分かりにくい事です。

でも正社員で働き始めてしまったら、

責任の重い立場を任されてしまい

なかなか簡単にはやめる事って

できませんよね??

保育士の職場復帰はパートor派遣が良い!?

安定のパート社員保育士

パート保育士で復職するメリットは…

・自分の希望の時間帯・曜日で働ける

・固定シフトが多く安定して働ける

・責任が重くない業務が多い

その反面、

パート保育士で復職するデメリットは…

ズバリ時給が安い!という事が

一番ではないでしょうか??

そもそも、

パート職員は資格の有無さえ

問わないという保育園もあり、

無資格の雑用係と同じように

使われてしまう事もあります。

でも、

子どもたちにとってはパートだろうが

なんだろうが関係なく慕ってもらえます。

さらに、立場的には一番身軽で

面倒な会議や残業などもほとんど無い

という場合も多いです。

家庭が最優先だけど、

ちょっと家計を助ける…

そういった保育士さんには

便利な働き方と言えます。

色々な職場を体験できる派遣社員

でも、パートなんて悠長なこと

言ってられない…

ガッツリ稼がないと金銭面で

ピンチ!!

という場合には、

派遣契約がおすすめです!

派遣のメリットは…

・時給が平均1500円前後と高い

・残業代が働いた分だけ出る

・契約先が気に入らなければ、

 契約更新しない事も可能

派遣のメリットは時給がとても

高いという点です!

さらに時給で契約が主ですので

残業したり休日出勤したりすれば

その分のお給料が貰えます。

ですので実質、

サービス残業・休日出勤バリバリの

正社員よりも契約社員の方が

給与が良いなんて言う保育園もあるんです。

派遣のデメリットは…

・気に入ってもらえなければ

契約解除される可能性もある。

・パートよりも責任の大きい

業務を任されることもある。

・会議や残業が発生する場合も…

時給が高い分、

正社員と同様・同党の働きを

期待される事が多いです。

復帰すぐにバリバリ働きたいと

考えている保育士さんにも

おススメな働き方です。

派遣契約の働き方は、

期間限定な短期雇用という場合も

ありますが…

雇用主と労働者の間のインターン

お試し期間みたいな意味合いも強いです。

正社員で雇用すれば

よっぽどの事が無い限り解雇は

できません。

そこで、

契約社員で雇ってきちんと

働いてくれそうかを見て、

正社員雇用するかを判断する

という場合も多いんです。

保育士側としても、

実際に働きながら園の内情を探り

長く勤められそうな保育園かを

見極める事ができますよね?

もし気に入らなければ、

派遣会社の担当さんに

「派遣先の保育園を変えてほしい」

と伝えるだけで次の保育園を

紹介してもらえます。

パート・派遣もどっちも選べる求人サイト

こういった派遣契約の求人を

探す場合にはいろいろな派遣会社

それぞれの求人をチェックして

ゆく必要があるんです。

でもこれって、

結構めんどくさいんですよね?

そこで、

おすすめなのがこういった

複数社の派遣・パートの求人を

取りまとめて紹介してくれる

保育士向けの求人サイトなんです。

こういった、

保育士向けの求人サイトの中でも

求人数・求人の種類の豊富さNO1は

保育のお仕事」なんです!

保育のお仕事」は、

全国の保育士向け求人を

公開・非公開合わせると

6万件以上の取り扱いです!

ですので、

まず保育士さんが復職したいと

思ったら「保育士のお仕事」に

登録して求人情報をチェックして

見るといいですよ!!

復職を成功させる保育士さんは

平均3~5の求人サイトに登録し

就職活動をしますが…

求人情報の豊富さで

保育のお仕事」は絶対に

外せない求人サイトのひとつと

なっているんです。

わたし自身も、

転職する際には「保育のお仕事」を

毎回利用して最新の求人情報を

チェックしています!

公式サイトからの登録は無料ですので、

ぜひ最新の求人をチェックしてみると

良いですよ(^^♪

※非公開求人を紹介してもらうには

こちらの「公式サイト」から。

⇒「保育のお仕事」公式サイトへ