Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士さんは流産しやすい職業!?

☆妊娠中・子育て中の保育士さんも

 安心・安全な保育園を探すなら?

⇒「マイナビ保育士」公式サイト

結婚3年目でやっと1度目の妊娠!

ハードな保育士の仕事に

不安を感じつつも…

保育士をしながら産んだ人も

たくさんいるんだから

大丈夫、大丈夫!

自分にそう言い聞かせて、

普段通りに保育に入る。

けれど妊娠5か月目のある日、

朝一番のプール準備の際に

冷たい水に足を入れたとたん…

今までに一度も感じたことのない

下腹部がキューって痛くなる感じ!

保育を抜けてあわててトイレに

駆け込むと…

下着が鮮血に染まっていた。。。

保育士は流産しやすい職業なの??

人生でいちばん悔しかった日

その日は午後半休をもらって

かかりつけの産婦人科を受診し

結局その日のうちに流産…

病院で処置を受けながら、

「なんであの時無理しちゃったんだろう」

悔し涙が止まらなかった。

自分の子どもの命を守るよりも…

「妊婦だから甘えている」

と思われないように、

園長や同僚保育士の顔色ばかり

気にしていた。

自分の子どもの命さえ守れないのに

「保育士」なんて言えないよ。。

そして、

その夕方園長から電話があって、

心配してくれたのかと思ったら…

新卒から10年近く勤めた保育園

「お休みは何日取る予定?

シフト的に3日以上は無理だけど

どうする?」

信頼していた園長に

そう言われて愕然!!

結局そのまま退職しました。

なぜ流産するまで、

そんな園に勤め続けていたんだろうと

今になって思いますが…

新卒採用から10年近くその園に勤めて、

その園のやり方しか知らなかった

というのも大きかったと思います。

その園は、

毎年大量に新卒採用して、

約6割の保育士が2年目までに離職する。

そして、

残った保育士も結婚か妊娠で

いつの間にかいなくなっている。

結局10年以上残る保育士は、

1割以下。

ですので、

園長と数名の主任クラスの保育士以外

新人とパートさんだけ…

というような体制で保育に

当たっていました。

転職で目から鱗…

体調が回復しても家に一人で

閉じこもっているのも

気持ちが落ち込みます。

そこで、

新しく勤められる保育園を

探すことにしました。

前回の保育園でのハードな

経験があったので、

「もうフルタイムの保育士は

いいや…」

そんな風に思って、

パートタイムの保育士を

希望しました。

けれど、

保育士専門の転職支援サイトの

担当さんにすすめられて、

産休・育休代替の派遣保育士として

働く事になりました。

産休・育休代替の派遣では、

数多くの保育園に期間限定で

勤めます。

そうすると、

保育園ってそれぞれ特徴があって

経営者の考え方も千差万別なんだなぁ

実感しました。

そしてそれと同時に、

自分が10年近く働いていた

保育園の待遇の悪さも

思い知らされました。

妊婦に対してひどい待遇の保育園

妊婦だからと言って、

特に仕事を軽減してもらえる事も無く

育休はおろか産休さえ取るのを

嫌がられた前の保育園。

その反面、

妊婦さんの業務負担軽減、

法定の産前・産後休暇にプラスして

休暇や給与を出す保育園。

育休が3年取得できる保育園なども

当たり前に存在しているんです!

はっきり言って、

この違いに愕然としました。

そして、

私が新卒で勤め始めた保育園が

こういった福利厚生のしっかりした

保育園であれば…

あの時、

流産を避けられた可能性も

有ったのかもしれないと

強く後悔しました。

保育士が働きやすい保育園を見つけるには?

保育園によって待遇が違う

保育士の仕事が大変って

思い込んでいたけど…

あの保育園が大変な保育園

だったんだ。。。

派遣保育士としていろいろな

保育園の内情を知るうちに

そんな風に気づきました。

そして、

じょじょにフルタイム保育士に

戻ってみたいという気持ちが

沸いてきました。

その事を、

お世話になっていた転職支援サイト

「マイナビ保育士」の担当さんに伝えると…

過去の派遣先の一つが、

私の働きを評価してくれて

強く正社員に欲しいと希望して

くれていたそうなんです。

でも、

そのお話が来た当初は

私がまだそういった気持ちに

なれていないだろうと考え、

待っていてくれたそうなんです!

私もその保育園を気に入っており

働きやすい保育園だと感じました。

そして、

「マイナビ保育士」の担当さんに

話を進めてもらい、

正社員に復帰しました。

その後、

その保育園ではたらきつつ

不妊治療を経て、2人の子どもにも

恵まれました。

こんなに働きやすい保育園があるなら

もっと早く今の保育園に出会いたかった!!

それが私の正直な気持ちです。

もし、

今の勤め先の保育園が妊娠中や

子育て中に働きにくいと

感じているならば…

私のように流産してしまってから

転職活動をはじめるよりも、

なるべく早く転職活動を

はじめたほうがいいですよ!

仕事のために我が子の命を失う?!

保育士の子どもを大切にできない

保育園なんて最低です!

あなたもあなたの子どもも

大事にしてくれる保育園は

絶対にあります!!


私が実際に

働きやすい保育園を

紹介してもらったのは…

保育士専門の転職支援サイト

「マイナビ保育士」です。

「マイナビ保育士」の最大の特徴は

担当さんが本当に親身になって

保育士の相談に乗ってくれる点です。

ですので、

不妊や流産などのプライベートな

事柄に関しても安心して

相談できるんです。

保育士の気持ちに寄り添ってくれるので

本当に必要とするサポートを

してもらえるました。

あなたを本当に必要としてくれる

保育園を「マイナビ保育士」で探して

みましょう。

※「マイナビ保育士」の無料相談は

こちら公式サイトから。

⇒「マイナビ保育士」公式サイト