Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士に対する理不尽な苦情は保育園が原因だった!?

「他の子と絶対にケンカさせないで!!

うちの子にケガなんてさせたら訴える!」

「ブランドの高い服だから

汚さないでほしかったんですけど!」

「遠足の集合写真でうちの子が

隅っこに写っていたから

撮り直してほしい」

保育士として働いていると、

理不尽な苦情を訴える保護者に

遭遇してしまう事って

どうしてもありますよね?

それが、

自分の受け持ちクラスの子で

持ち上がりで何年もの付き合いと

なったりすると…

本当に気が重いですよね。。。

苦情や訴える保護者の心理

苦情を言う保護者

苦情やクレームを言われた事のない

保育士さんって少ないと思います。

「他の子を贔屓して

 おやつをたくさんあげている

「週7で日曜とか

 休みの日も預かって」

「子どもの教育に悪影響だから

 あなたの肥満体形を改善して」

理不尽な要求と感じる苦情も

多いですよね?

理不尽なクレームを入れる保護者って

保育園からは嫌われています。

でも実は、

保護者側もそれを分かった上で

言っていることも多いんですよ!

でも、

嫌われる事が好きな人間なんて

いません。。。

それならどうして、

そこまで攻撃的になってしまうの??

って疑問におもいますよね…

理不尽な苦情の裏には…

理不尽なクレームや苦情って、

保育士に対する不満のように見えて…

実は保育園に対する不満が溜まって

そのフラストレーションを爆発させたいと

思っているのですが。。。

でも、

この待機児童問題が深刻な時期に

保育園を退園させられると困る!

どこかに保育園を困らせられるような

隙は無いかな??

って荒探しした先に、

仕事に慣れていない新人保育士さんや

人の良い保育士さんが苦情やクレームの

標的になります。

そして、
社員教育がきちんとしていない保育園と

指摘できることによって不満を持つ

保護者側はすっきりするんです。

でも、
保育園としては…

保護者の言い分を全く聞かず

モンスターペアレントとして対処したり。。。

社員教育をきちんとしていないのを棚に上げ

面目丸つぶれだと保育士の責任を追及します!!

つまり保育士さんは保護者と

保育園との板挟みで両方から

責められてしまうんです(*_*;

そして、

そういった保育士さんは自身を失い

さらにミスを起こしてしまい苦情が来る

という負のループに陥ります。

結局最終的には、

保育園側に「仕事のできない保育士」と

決めつけられてつらく当たられた末に…

精神的に追い詰められて

体調をくずしてしまったり、

うつ病を発症してしまったりする

保育士さんがとても多いんです!!

保育士は保育園に対するストレスのはけ口!?

保育士は園長や保護者のサンドバッグ??

理不尽な保育園に対するストレスを、

保育士に対する苦情としてぶつける保護者。

その苦情の原因をすべて

保育士に丸投げする保育園の経営陣や園長…

その両方から攻められる保育士は

よほど精神力の強い人でなければ

やっていけないですよね??

いえ、

どれだけ精神力の強い保育士さんでも

正常な精神や判断力をもっていたら

こういった状況に耐えられるはずは

ありません。

そして、

実際に心優しい保育士さんは

体調を崩してしまったりうつ病など

精神疾患を発症してしまうケースが

増えているそうなんです。

そして、

保育士として働く事すら

出来なくなってしまい、

離職してしまう保育士さんも…

でも実際には、

そういったひどい環境の保育園

ばかりではないんです!

苦情が多い園・少ない園

理不尽な要求を保護者にして

保護者側にストレスが溜まる⇒

保育園への苦情を言いたいが

保育園を辞めさせられると困るので

保育士への苦情としてぶつける⇒

保育園は保育士の責任として

保育士を責める⇒

保育士は保護者と保育園の両面から

責められ板挟み…

そんな保育園は異常です!

そんな保育園を見て、

「もう保育園で保育士として働くのが

怖い…」と離職してしまうのは

もったいないですよ!!

管理体制の整った保育園では、

専任の苦情・クレーム担当を置いて

適切に対処する体制が整っています。

そういった体制が無くても、

きちんとした園長は理不尽な苦情にも

毅然とした態度で接して保育士を

守ってくれます。

ですのでもし、

保育士に対する苦情を

保育士だけの責任とする保育園は

すぐに転職するべきです!!

苦情が少ない園を探しましょう

これまで、

わたし自身保育士として

いくつかの保育園に勤務して

きました。

どの保育園にも、

大なり小なり苦情やクレームって

ありました。

でも、

理不尽な苦情が多い園というのは

保育園側も保護者に対して理不尽な

要求をしている園が多かったです。

というのも、

保護者側が苦情を挙げるのって

よっぽどフラストレーションが

溜まっている時です。

大切な子どもを預けている

保育園側に文句を言うって、

保育士が想像する以上に

実際にはハードルが高いんですよ。

さらに理不尽な保育園って

保育士に対する苦情が来ても、

責任はすべて保育士に擦り付ける事で

対処します。

ですので、

こういった理不尽な保育園に

勤めていると自覚がある保育士さんは、

早く転職した方が良いですよ!

でも、

こういった理不尽な保育園と

そうでない保育園って…

外側からはなかなか

判断が付きにくいんですよね?

じゃあどうやって、

きちんとした保育園を見つければ

良いんだろうって疑問に思いますよね…

そこで、

私が実際に利用しているのが

「保育のひろば」という保育士向けの

転職支援サイトです!

「保育ひろば」は、

転職に関して丁寧なヒアリングを

行ってもらえるので…

自分の希望である

「苦情の少ない保育園」

「働きやすい保育園」

細かく伝える事が可能です。

さらに、

そういった保育園の内情を

きちんと確認した上で求人情報を

紹介してもらえるんです(^^♪

ですので、

給与の金額や休日日数など以外で

「苦情が少ない」「人間関係が良い」

外側からでは判断がつかないような点に

こだわりたい転職したい保育士さんは…

絶対に「保育ひろば」は外せませんよ!

今なら、

保育士ひろば」の公式サイトからの

利用登録でお祝い金2万円がもらえる

キャンペーンも実施中です(^^♪

ですので、

保育士不足のチャンスを逃さず

保育ひろば」で転職成功させましょう!

※お祝い金2万円もらえるのは

こちら公式サイト限定です。

⇒「保育ひろば」公式サイト