保育士と家族一覧

パート保育士を辞めたい…これって甘え??

パート保育士さんって正規保育士や正社員保育士に比べて立場も弱いし、いじめられたり雑に扱われても文句すらいえない。それなのに、正規保育士よりもお給料も安いし福利厚生も充実していない。なんでパート保育士なのに私だけがんばっているだろう??そんな風に悩んでいるパート・アルバイトの保育士さんも多いのではないでしょうか?

保育士1年目は病気でも有給を使えない!?

保育士1年目の保育士さんの悩みで多いのが・・・病気でも年休・有給を取得できなくてつらい。でも、こういった年次休暇や有給休暇って6か月以上の勤務で10日間以上付与される事が法律で決まっているんです。ですので、保育士1年目だから有給は取得させない、有給を取得して旅行なんてもってのほか!それはブラック保育園かもしれません!

「共働き」は母親失格?保育士として中途半端!?

結婚・妊娠・出産・子育てを経て、フルタイムの保育士として働いているけれど…正直、子どもに対して負担や我慢をさせているとい自負がある。でも保育士としても中途半端で、同僚や園長からは「使えない・半人前」って陰口を言われている。家庭に負担をかけてまで共働きのワーキングマザー保育士として働き続ける意味ってあるのかな?

保育士でも土曜日出勤ナシで働ける!?

保育士さんの悩みの中で多いのが「土曜日に出勤があるからプライベートを犠牲にしなければならない」というものです。確かに保育士さんって、土曜出勤があるのが当たり前で完全週休2日制でも連休なんて基本取得できない。公立保育園でもそういった待遇が一般的です。でも実は、事業所内企業内保育所と呼ばれる完全週休2日制の保育園が!?

保育士の産休・育休明けの悩みや苦労って?

保育士が産休・育休を取得後に、復帰する際に待っている壁についてご存知ですか?毎日の送迎で早番・遅番・残業ができない、初めての集団保育で熱をだしたり、土曜日曜祝日出勤の際の子守を誰に頼むのか?問題は山積みです。勤め先の保育園に理解があればそういった悩みもなんとか乗り越えられますが、保育士の子育て支援に積極的でないなら…

保育士なのにコミュ障って私だけ・・・??

保育士さんで意外と多いのが「私コミュ障なんです」っていう保育士さんです。現代人の3人に1人がコミュ障って言われる時代なので、保育士さんがコミュ障でもおかしくはないです。でも保育士がコミュ障だと、保護者や保育士の同僚や園長達と上手くコミュニケーションが取れなくて、保育が成り立たない。。。じゃあ、コミュ障を改善するには?

妊娠初期の保育士が気をつけることってナニ!?

実は、保育士さんってハードワークで長時間労働が当たり前の職場です。ですので、早産・流産や異常妊娠などのリスクが他の職業よりも高いと言われているんです。そこで、妊娠初期の保育士さんが特別に気を付けるべき事ってなに?元気な赤ちゃんを産むためには??という点について詳しくお伝えします。

保育園ではたらく保育士さんのお悩みベスト5とは!?

保育園で働く保育士さんの悩みで多いものって何だと思いますか?「お給料の低さ」「人間関係」「待遇の悪さ」「責任の重さ」「長時間労働・休みが取れない」この5つが保育士さんの悩みで多いものです。でも実は深刻な保育士不足から、これらが改善されつつあるって知っていましたか?最新求人情報をチェックするなら「ジョブメドレー保育士」

保育士の職場復帰はパート・派遣社員がおすすめです!

保育士さんの離職理由の一番は「妊娠・出産」を理由に家庭に入る場合が多いそうです。それ以外にも、他の業種への転職などさまざまですが、保育士さんって離職率も高いと言われる反面復職率も意外と高いと言われています。そういった保育士さんが職場復帰する場合は、いきなり正社員保育士として働くよりもパートや派遣契約からがおすすめです!

保育士って夏休みが無い!?長期休みは最高3日!?

保育士さんの職業って休みがとりにくい職業って言われていましたよね?確かに給与や待遇の悪い古い体質の保育園では、保育士不足から保育士さんは夏休み・GW・長期休みなどほとんど取れないという職場も多かったみたいです。しかし、最近大手企業が参入して有給取得率100%・長期休暇制度など福利厚生や賃金の良い保育園が増えています。