Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

学童保育の臨時職員・非常勤から正社員になれるの!?

子どもが大好きだから

子どもに関われる学童保育の

職員になったけれど…

正直公立の学童職員の採用枠は

臨時か非常勤しかなかった。

月の手取りが15万円以下で

はっきり言ってワーキングプア…

早く自活したいけど、

一人暮らしなんて絶対に無理(>_<)

でも、

このまま頑張っていれば昇給とか

正規職員に採用されたりする

可能性もあるよね??

そんなふうに考えている、

学童保育の職員さんも多いと

思います…

そこで、

学童保育で働く臨時採用職員の

現状について詳しくお伝えします。

学童保育で働く臨時職員の現状とは?

昔はパートのおばちゃんが職員だった!?

以前は学童保育って、

あまり社会的には重要な位置付けでは

ありませんでした。

というのも…

まず、

乳幼児に比べ保育がそれほど

必要無いと思われがちな

小学生を対象にしている。

小学生なんて別に放っておいても、

その辺で勝手に遊べるでしょ??

そんな風な風潮の時代も

ありました。

でもその背景には、

遊びあえる近所の子どもが沢山居て

それを見守る専業主婦の母親達や地域の

コミュニティが存在していました。

しかし現在は、

共働き世帯の増加や

人間関係の希薄化によって、

子どもを地域で見守るという事が

難しくなっています。

そう言った事から容易に

子どもが犯罪や事故に巻き込まれ

命を落としてしまうケースも

存在しています。

そういったニーズから、

今学童保育に対して注目が集まり

大きな変革が行われつつあります。

以前は学童保育って、

有志の親がプレハブなどで自主的に

運営するようなところも多かった

ですよね??

そこで働いている、

職員も地域のおばちゃんパートだけで

運営されているなんていう事も…

でも現在、

地方自治体などによる学童保育の

設置や施設面や機能面での充実が

急激に進んでいます。

学童保育は新しく変化している

地域のりっぱな児童館に併設される

学童保育施設もよく見かけますよね?

そしてそこで働く職員も、

地域のおばちゃんではなく

学童保育に関する専門の資格者が

プロとして専従する事が求められる

ようになってきました。

そのため、

学童保育の専門の資格である

放課後児童支援員」という

資格も新設されました。

⇒保育士と児童指導員の違いって?

保育士の資格がある方は、

都道府県が行う研修を受講することで

放課後児童支援員」の資格を取得できます。

その他高卒以上であれば、

保育施設などで2年以上の実務経験

などがあれば研修を受講して

放課後児童支援員」の資格が

取得できるんです。

ですので、

小学校教諭免許や幼稚園教諭

保育士資格などが無いという方でも

学童保育で働きながら資格を取得する事も

可能なんです。

さらに、

学童保育の対象年齢も小3までから

おおむね小6に引き上げられて、

学童保育で働く職員の需要も

増加しています。

ですので、

放課後児童支援員として働くには

ピッタリな時期なんです!!

でもこの「放課後児童支援員」の

求人って…

公立の学童放課後クラブの場合、

ほとんどが臨時採用や非常勤という

扱いなんです。。。

「放課後児童支援員」は臨時採用しかない!?

公立の学童職員は臨採か非常勤!?

未来を創る子ども達を支援する

放課後児童支援員」という

職業ですが…

公立の学童保育の施設の求人は

ほとんどが臨時や非常勤としての

採用ばかりなんです!!

これは、

現在政府が財政負担を軽減する為

公務員数の削減を進めているから

に他なりません。

過剰な公務員いりませんが、

学童保育という社会福祉事業に

必要最低限の公務員さえ雇用しないと

言うのはちょっと憤りを感じませんか??

そして、

臨時や非常勤で採用された方が

正規職員になるのにはかなり

難しいのが現状なんです。

そこでおすすめしたいのが、

民間の学童保育の正規職員の

求人なんです!!

というのも、

共働き世帯の増加によって

放課後子どもを預かる施設への

ニーズが高まっています。

しかし、

行政はコストばかりに目を取られ

学童保育の整備が間に合わず

保育園だけでなく学童保育も

待機児童が発生してしまっています。

そう言った事から、

民間の学童保育へ通わせる

親も増えてきています。

ですので、

民間の学童クラブが急成長して

おりそこで勤務する職員も

需要が高まっているんです。

おすすめは民間の学童保育の正社員職

実際に私の知り合いでも、

公立の学童保育で10年間

時給850円月収12万円で

働いていた保育士さんが…

民間の新設学童保育に、

月給23万円で採用されて

びっくりした!!

と言っていました。

現在、

民間の学童保育は

どんどん増えてきており、

待遇や給与もUPしている

そうなんです!!

ですので、

このチャンスを逃さずに

民間の学童保育の最新求人を

チェックしてみるといいですよ!

学童保育の求人が多い

保育士専門の求人サイトは

保育のお仕事」です。

保育のお仕事」の最大の特徴は

全国求人取り扱い数・種類が

トップクラスな点です!!

非公開・公開求人を合わせると

なんと6万件以上の求人を取り扱って

いるんです。

特にねらい目なのは、

公開すると応募が殺到してしまい

施設側が対応しきれなくなってしまう為

非公開にしている求人です。

この「保育のお仕事」の

非公開求人は利用登録者のみ

教えてもらえるレアな求人です。

保育のお仕事」の利用は

公式サイトからの登録で

すべて無料で使い放題なんです!!

ですので、

ぜひこのチャンスを逃さず

保育のお仕事」を活用して

民間学童保育の正社員職を手に入れましょう♪

※「保育のお仕事」無料利用は

こちら「公式サイト」から

⇒「保育のお仕事」公式サイトへ