Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士は幼稚園教諭と比べて休みが少ない??

幼稚園教諭免許と保育士免許

どっちも持っているけど…

休みがとりやすいのって

どっちなの??

現在幼稚園教諭として

働いているけど保育士に

転職するのって

実際はどうなの?

または逆に、

現在保育士として働いている

けれど、幼稚園に転職すれば

自分の都合に合わせて休めるの??

という疑問を持っている

保育士さんも多いようです。

そこで、

そういった疑問について

お伝えさせていただきます。

幼稚園と保育園の実情

幼稚園教諭の実情

むかしは、

幼稚園をはじめ教育機関は

子どもの休みに合わせて

教師も長期休暇を取得できました。

知り合いの公立中学校教師だった

おじいちゃんも…

「夏休みは45日の中で40日は休みだった」

と言っていました。

のんびりしていた時代も

あったんですね!

しかし、

現在の幼稚園や教育機関を

取り巻く状況は厳しく…

仕事が特に無くても(笑)

一般企業と足並みをそろえるために

教師は毎日出勤する形になりました。

ですので、

子どもに長期休みがあるからと言って

幼稚園教諭が一般会社員よりも

長期休暇を取得しやすいかといえば

疑問です。

さらに、幼稚園って

少子化や幼稚園離れの影響から

どの園も財政状態はギリギリで

スタッフも最低限の人数で

運営している園が多いんです。

ですので、

実質的に休めるとしても

お盆休みや年末年始に5日程度が

一般的です。

保育園は社会福祉施設?

保育士さんが勤める保育園は

幼稚園の実態よりもさらに

過酷な場合もあります。

保育園は、

保育に欠ける子どもを預かる

社会福祉施設です。

ですので、

幼稚園と比べて

子どもを預かる時間も長く

夏休みや冬休みなどの

長期休暇もありません。

⇒保育士の夏休みは最長3日!?

日曜は定休でも、

土曜と祝日は出勤…

普段は二連休さえ取れないと

悩む保育士さんもいらっしゃると

おもいます。

でも実は、

ちょっと別の角度から見ると

違った感じ方を感じるかもしれませんよ。

保育園と幼稚園はどっちが働きやすい?

休みの取りやすさはどっちもどっち

休みやすさや拘束時間の短さで

言えば幼稚園の方がマシかも

しれせん。

しかし…

現在、

少子高齢化・労働人口不足により

幼稚園自体が存続の危機であると

言っても過言ではありません。

保育所としての役割である

預かり保育のサービスをしていない

幼稚園って現在ほとんど存在していません。

つまり純粋に幼稚園として、

園児を集め・経営を成り立たせるのが

非常に困難になっています。

保育園は政府の後押しもあって

今後保育に対する予算の拡充など

進んでいく予定です。

「保育園」か「幼稚園」かで選ぶよりも

そして、

保育園」か「幼稚園」かで

選ぶよりも…

その「保育園」「幼稚園」の

運営母体がどういった企業か?

という事の方が重要なんです。

というのも、

少し前まで国会でも問題となっていた

森友学園等も「保育園」「幼稚園」を

どちらも同じ運営者が経営していました。

そしてそのどちらもが、

運営方法に「問題がある!」

されていましたよね??

つまり重要なのは、

保育園」「幼稚園」かよりも

運営母体がしっかりしているか?

という事なんです。

運営母体がしっかりとした企業で

あれば「幼稚園」「保育園」どちらで

あっても働きやすいんです。

保育士さんや幼稚園教諭の

休みにくさ」の原因の多くが

人手不足によるものです。

財政難から人手を十分に確保できず

「保育士や教諭がギリギリの人数で

一人でも休まれると運営できない。」

というのが実情なんです。

ですので、

経営母体が健全な運営を行っている

保育園や幼稚園をさがして

就職する事が重要なんです。

運営母体がしっかりした施設を探すには?

キチンとした運営母体が経営する

大手の保育園の求人では

「年間休日120日・有給消化率100%

長期休暇制度・海外無料研修制度」

等様々な福利厚生が充実しています!

こういった、

優良な企業の求人の取り扱いが多いと

人気がある転職サイトは

保育のお仕事」です。

保育のお仕事」は、

全国6千件以上の求人保有数ですので

自分に合った保育園・幼稚園を探す事が

可能です。

特におすすめなのは、

一般公開されいない「保育のお仕事」の

非公開求人です。

この非公開求人は、

好待遇・高賃金すぎて公開すると

応募が殺到してしまうので、

対応する保育園側の負担を考え

非公開にされています。

ですんで、

保育のお仕事」の非公開求人こそ

一番のねらい目なんですよ。

この非公開求人は、

保育のお仕事」の公式サイトから

利用登録すると紹介してもらえます。

保育のお仕事」は、

すべて無料で利用できる求人サイト

ですので、登録して損はありませんよ!

さらに今なら、

お祝い金2万円もらえるキャンペーンも

実施中です。

※「保育のお仕事」非公開求人の紹介は

こちらの公式サイトからの登録限定です。

こちら⇒「保育のお仕事」公式サイトへ