保育士は昼休みが取れないのがあたりまえ!?

保育士として保育園で働いているけど…

お昼の休憩時間がゆっくり休めなくて

正直ストレスが溜まる。。

今はフリーの保育士だから、

幼児クラスの時は園児と一緒に

食べる事がお昼休憩、

乳児クラスの時は職員室で電話番を

しながらお弁当を食べる。

でも、本当はOLさんみたいに

近所のコンビニやお店でゆっくり

ランチをしたい。

基本的にお昼休憩中の外出は

禁止だから銀行や役所に行くことも

できなくて困る。。

園児の世話をしながらとか

職員室で電話番しながらとか

全然ゆっくり休めない!!

これって当たり前の事なのかな??

保育士の休憩時間って労働基準法で決まってる!?

労働基準法で定められらた休憩時間とは?

保育士さんに限らず労働者は

労働基準法で休憩時間を取る権利が

認められています。

さらには、

その休憩時間で何をするのも

自由であるという事まで

決められているんですよ!!

そこで実際的に、

国で定められている休憩時間を

取得する権利について詳しく

見てみると・・・

<休憩時間付与義務>

使用者は、労働者に対して、労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える義務を負っています(労働基準法34条1項)。

<休憩時間の自由利用>

労働者は休憩時間を自由に利用することができます(労基法34条3項)。休憩時間が労働から解放される時間である以上当然といえますし、さらに、休憩の実をあげるためには、休憩時間の自由な利用を認めることが必要になるからです。

出典・参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構

http://www.jil.go.jp/

具体的には、

雇い主は雇っている保育士など

労働者に対して休憩時間を与える

義務がある。

労働時間 休憩時間
6時間以上~8時間以内 45分間以上
8時間以上~ 1時間以上

さらに、

その間の時間の過ごし方は

労働者自身の自由に利用できる。

そしてさらに、

生後1年未満の子どもを育てている方は

休憩時間に加えて・・・

1日2回最低三十分間以上づつ、

その子ども育てるための時間を

取得できるんですよ!!

(例えば母乳の搾乳などや

睡眠不足を補うために利用する

事ができますよね?)

⇒保育士の産休・育休明けの悩みや苦労って?

保育士の休憩時間の実態とは?

そういった法律をきちんと守って

保育士さんの休憩時間をしっかりと

確保してくれる保育園がある一方で・・

「子どもと一緒の給食がお昼休憩」

「子どものお昼寝中の見守りが休憩時間」

「職員室で電話番をしながらの休憩」

「休憩時間以外連絡帳を書く時間が無い」

「休憩時間は園外に外出禁止」

そんな事を保育士に対して

あたりまえに要求する保育園も

存在しています。

もしあなたの勤め先の保育園が

そういった保育園だったら、

法律的に訴える事ができます!!

法律的に訴えるべきなの!?

実際に、

昭和54年「住友化学工業事件」として

知られる休憩時間の自由利用に関する

損害賠償請求事件というもので、

労働者側が勝訴を収めています。

ですので、

ブラック保育園を訴えれば

法律的には勝てる可能性が

あります・・・

しかし、

こういったブラック保育園と戦って

勝訴を勝ち取るまでには長い年月や

裁判費用などがたくさん必要です。

そんな労力をかけてまで

ブラック保育園を是正する価値って

あるでしょうか!?

そんな事をしていて、

短い人生を浪費してしまうなんて

バカバカしいですよね!?

頭の良い保育士さんは、

そういった保育園からは

さっさと転職して働きやすい職場を

探します。

労働基準法を遵守する保育園に転職すべき

法律を軽視する保育園は危険です!!

労働基準法で、

休憩時間や休憩時間の使い方は

きちんと定められているという事は

経営者としてあたりまえの知識です。

そういったあたりまえの事を

あたりまえに守れない保育園は

ブラック保育園の可能性大です!

なるべく早めに、

労働基準法を遵守する保育園に

転職すべきです!!

法律を軽視する保育園に勤め続けていたら…

気づかないうちに保育士の名義貸しなど

犯罪の片棒を担がされてたなんて事にも

なりかねませんよ!!

転職先ってどうやって見つけるべき?

でもどうすれば、

休憩時間がきちんと確保された

保育園かどうかなどの内部情報を

知る事ができるの??

って思いますよね!?

最近では、

転職を成功させる保育士さんは

ハローワークなどだけではなく・・・

保育士専門の転職支援サイトを

利用して就職活動を行っています。

というのも、

ハローワークはお役所なので

公正公平を最重要にしますので、

内部情報などは基本教えてもらえません。

そこで利用するのが、

民間の保育士向けの転職支援サイトです。

民間の転職支援サイトは、

より相性の良い保育園と保育士を

結び付け満足してもらう事で

次につなげる事ができます。

ですので、

保育士に有利になる内部情報なども

キチンと教えてもらえます。

その中でも、

全国求人取り扱い数やスタッフの質で

評価が高いのが「保育のお仕事」です。

「保育士のお仕事」は利用した

保育士さんの満足度97.8%という

驚異的な数字を誇る転職支援サイトです。

ですので、

転職中にきちんと保育園の内部情報を

把握して転職活動を進めたい!

休憩時間を自由にゆっくりと取れる

保育園を探したいと考えている

保育士さんは「保育ひろば」に

一度相談してみると良いですよ♪

※「保育ひろば」無料相談は

こちら公式サイトから登録します。

⇒「保育ひろば」公式サイト