Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

保育士の「不妊」って誰にも相談できない…

保育士として保育園に

勤務しながら、

不妊治療を始めたけれど…

保育士の人数がギリギリで

なかなか通院の為に

休みをもらい辛い。

通院のたびにかさむ通院費は、

保育士のお給料では

全然足りない。

そして…

ひとまわりもふたまわりも

若い保護者のお母さんたちが、

次々妊娠してゆくのを

心から喜べない自分がいる。

周りはすでに子どもを授かっている

人ばかりで不妊治療に対して

あまり理解が得られない。

保護者の何気ない

「お子さんまだ?」の声が

胸に突き刺さる。

不妊治療をしながら保育園で

勤めるのってやっぱりつらい。。。

そんな風に悩んでいる保育士さん、

実は少なくないんです。

保育士は仕事と不妊治療を両立できない…

保育園を取り巻く現状

現在、

保育の現場は深刻な

人手不足です。

ですので、

保育士一人当たりの

時間的・肉体的・精神的負担が

とっても大きいんです。

規定ギリギリの数で

子ども達を保育しているから

体力的・精神的にすごく大変。

毎日深夜に及ぶ残業、

急なシフト変更・休日出勤もあたりまえ。

連休がほとんど取れないから

ゆっくり休めず疲れが溜まる。

有給なんて使えるのは

インフルエンザ確定の時ぐらい。。。

それなのに、

手取りのお給料は15万程度で

貯金すらままならない。

こういった環境で働いている

保育士さんたちの声が

よく聞かれますよね?

でも実は、

保育園の労働環境って、

保育園の運営母体によって

かなり違うんです。

それは、

公設民営の保育園でも同じで、

国が定めた最低限度の基準を

クリアすれば、保育園運営者が

自由に労働条件を決定する事が

できる為なんです。

でも、

この国の最低限度の基準って、

地方自治体が「安全性を確保できない」

受け入れを拒否したほどレベルの低い基準です。

ですので、

保育士の労働条件は保育園を運営者の

倫理に任されてしまっていると言っても

過言ではありません。

そんな中で、

時間的な拘束も多く

体にも大変な負担がかかる

不妊治療をするとしたら…??

⇒保育士を続けながら不妊治療をしたい…

不妊治療を取るか?仕事を取るか??

現実問題、

ハードワークで拘束時間も長い

正社員保育士をあきらめて、

専業主婦になって不妊治療を

はじめる保育士さんも多いです。

でもこれって、

ちょっと変ですよね?

保育園って働くお母さんを支援する

施設のはずです。

妊娠を希望していたり

不妊治療をしている保育士だって

働くお母さんだと思うんです。

「保育士」が、

仕事をあきらめなければ

お母さんになれない職業だと

わかっていたら・・・

決して、

保育なんて仕事選ばなかった!!

そんな風に離職していく

保育士がたくさんいる事は

とても残念です。

そして、

そういった考えを持つ保育園の

経営者が現れ始めているって

ご存知でしたか??

保育士が妊娠・出産・子育てを

しやすい職場環境を提供し、

生涯を通じて保育士が働き続けられる

保育園が増えているんです!

妊娠・出産・育児中も働ける保育園

保育士の福祉を守る保育園

保育園って社会福祉施設です。

でもその福祉施設で働く職員の

福祉が守られていなかったら、

全く意味がありませんよね??

現在の保育士不足の原因は、

こういった保育士さんたちの

最低限度の福祉さえ守られて

来なかったという事も

大きかったんです。

そこで、

そういった保育士さんたちが

生涯を通じて働きやすい保育園を作り

保育士さんの離職率を下げようとする

試みが始まっています。

ですので、

不妊治療・妊娠・出産・子育てと

保育士の両立を考えている保育士さんは…

こういった新しい試みを積極的に

取り入れている保育園を探すことを

おすすめします。

良い保育園の探し方って?

でも、

そんな風に保育士が働きやすい

保育園ってどこにあるの??

私が新卒で就職した時には、

全然見つけられなかったんだけど…

実はこういった保育園って、

とても人気が高く募集がかかると

すぐに応募が殺到してしまいます。

ですので、

一般的な求人広告として

私たちの目にはいる事は

とても少ないんです。

じゃあどうやって、

こういった保育園の求人情報を

探せばいいの??

って思いますよね?

こういった保育園の求人情報は、

保育士専門の転職支援サイトが

非公開求人として保有しています。

そして、

その保育士専門の転職支援サイトに

利用登録する事でそういった

非公開求人を紹介してもらえるんです。

なぜそんなもったいぶった事を

するのって思いますよね?

そうすることで、

応募が殺到しないようにして

保育園側の書類選考や面接等の

手間を軽減しています。

保育士側も、

無駄に履歴書を作ったり

面接に出向いたりする手間を

省く事ができるんです。

こういった非公開求人数が

国内トップクラスの転職支援サイトは

「保育のお仕事」です。

「保育のお仕事」は、

求人数6千施設以上と求人の質に

こだわった転職支援サイトなんです!

ですので、

豊富な求人情報の中から

自分の希望にぴったり合った

保育園の求人を紹介してもらえますよ(^^♪

利用料も保育士は無料ですので

お財布にも優しいのもうれしいです!

保育士を続けながら不妊治療

妊娠・出産・子育てがしやすい保育園を

さがすなら「保育のお仕事」

ぜひ一度相談してみるといいですよ。

※「保育のお仕事」無料相談は

こちら「公式サイト」から

⇒「保育のお仕事」公式サイトへ